つい先日、ある結婚披露宴に招かれ、出掛けてきました。

その時、司会の男性の進行を見ながら、

「あ、心地よい・・」

と感じたんです。

理由は簡単。

司会っぽくなかったから。

そう、結婚式の司会ってあるパターンと言うか、
定型みたいなのがありますよね?

「新郎新婦のご入場で~~~~~~~~~す!」

みたいな。

無駄に盛り上げようとするとか・・・。

その男性の進行はそれでは無かった。

淡々と、でも、押さえるべき部分はキチンと押さえて・・・

実によい感じでした。

決して流暢で、上手ではないんだけれども、でも・・・・届く。

時々カンだりもするんだけど、そこがまた木訥でよい。

嫌らしくなく、ちゃんと迫る。

そんな感じでした。

で、僕が目指す”話し方”も、実はそれです。

僕自身、30才くらいまで、人前で話すとか、やったことありませんでした。

いえ、やる事になるなんて思ってもみませんでした。

が、ある事情で無理矢理、追い込まれました。

仕方なくやってみました。

もちろん何の経験も無い訳で、上手に話すなんて出来るハズもありません。

立て板に水どころか、”まな板にあんこ”です。

引っかかりっぱなしです。

でもね・・・・

届いたの。

ちゃんと評価して貰えました。

以降、人前で話すことが、とりあえず恐くは無くなりました。

講演とかセミナーを数限りなくこなすようになった今でも、
決して上手では無いです。

でもあの日の、初めて人前で話したあの瞬間の、

”伝える熱意”

だけは持ち続けているつもりです。