■りりぃが教えてくれたこと。
『あなたは、本当に自分らしい仕事を続けていますか?』

昨日、ずっと関わっている吉開りりぃのデビューライブに行って来ました。

シンガーとしてデビューして以来、20年以上。

最初はオールディース系ライブハウスのゲストシンガーとして歌い、

100人を越えるようなお客さんの前で、
延べ30万人以上の前で歌い続けて来ました。

ライブハウスの歌姫と呼ばれ、初の女性バンマスもやりました。

ライブハウスを辞めてからは自らのバンドを率い、
歌える場所を求め、転々としました。

事件や事故は日常茶飯事。

よくもま~、これほどまで・・・と思えるほどの紆余曲折を経験しました。

そして、ある人との出会い。

これでやっと世に出ることが出来る。

そう思った瞬間、運命はまた彼女を翻弄します。

20代後半に起こった不幸な出来事も含め、
運命は彼女に、歌を歌うことをいつも邪魔するかの様でした。

でも彼女には歌しか無かった。

どんな逆境にあっても、歌を歌い、歌で語り、歌で届ける以外に、
出来る事は無かった。

その歌うチカラを支え続けてくれたのは、そう・・・・

「自分らしい歌を歌を歌うまでは、死んでも死にきれない!」

と言う熱い思いでした。

その熱い思いは、昨日、やっと、
”初のワンマンライブ”
というカタチで花開きました。

200人を超えるお客さんが彼女と一緒に歌い、無き、胸を枯らしました。

自分らしい歌を歌いたいと言う内なる思い。

自分らしい歌を聴いて欲しいと言う、発する思い。

その二つが相まって、彼女を長い間の忍従に耐えさせたのでしょう。

普通だったら自ら命を絶つしか無い。

そんな場面をいくつも乗り越え、這い上り、よじ登り、しがみつき・・・・

少なくとも彼女は、
”生きて歌い続ける”と言うロープから手を離さなかった。

それだからこその昨日です。

自分らしい歌を歌うまでは、死んでも死にきれない。

このままでは終われない。

その思いだけで、つかみ続けたロープ。

彼女はやっと立ったスタート地点から今、何を見ているのでしょうか?

僕の耳にはこんな声が聞こえてきます。

『あなたは、本当に自分らしい仕事を続けていますか?』

『本当に、掴みたいロープを、手を離さずに握り続けていますか?』