■リアルを越えるモノは無い。

昨日、夕刊フジのインタビューを受けました。

著者インタビュのコーナーで、1時間以上話させていただきました。

どんな記事に仕上がるのか、とても楽しみです。

掲載は9月の終わりくらいらしいです。

やっぱり”リアル”で会話するのはすごく楽しい。

デジタル媒体を介してのモノとは、まるで臨場感というか、リアリティと言うか、
当意即妙性と言うか・・・

そういう”立体感”がまるで違うんですよね?

僕は今、”顧客獲得7つ道具”と言うのを開発しています。

お披露目は9月10日(実は僕の誕生日です)の代官山セミナーになると思いますが、
とにかくつくってます。

で、この”七つ道具”。

完全な”アナログツール”です。

最近、ツールと言えばどうしても、

”コンピュータの技術を駆使して・・・”

とか、

”ネットの技術・裏技を使って・・・”

みたいに考えがちですが、これはまったく違います。

完璧なアナログツール。

言い換えれば、100%、手渡し用のツール。

出会って、手渡し。

そのためのツールです。

僕がこれまでまさに幾多のクライアント、仕事、仲間、同志を手に入れて来たツールです。

僕はアナログのチカラを信じています。

例えば、「おはようございます!」と言う挨拶。

「お疲れ様です!」と言う声かけ。

これ、実際に会って言われるのと、
ネットを通じて、ブログ、メルマガ、SNSなどで言われるのとでは、
まるで違います。

リアルでの接触効果を100%だとすれば、ネットでの交流は、
恐らく20%くらいのものです。

ブログの文章の書き方、メルマガでのコピー術。

そういうのを一生懸命学ぶのは、所詮この、

”20%を限りなく50%に近づけよう”とする行為です。

デジタルではどうやっても100%には到達しません。

絶対に無理です。

だから僕は今日もアナログにこだわります。