■中山マコトは2人居る。

「思ったほど、怖くなかったです!」

「意外とやさしい方でした!」

セミナーのあと、懇親会を経た翌日のブログなどで、
僕の事を評してこう書く方が結構・・・・・・います。

ど~も怖がられキャラみたいで、
本当はこんなにやさしくていい人なのに~っと言いたくなります。

で、僕のそのキャラがどこで作られてるのか?と言えば、
それはもちろん、発言です。

特に文字情報で書く言葉。

どうもそれが過激に捉えられているらしいです。

そしてそれには僕の名前が大きく影響していると思うんです。

それは何か?と言うと・・・

”マコト”と言うカタカナ名。

これ、もちろん芸名というか、ペンネームです。

本名は”真琴”。

ちょっとと言うか、かなりというか・・・

女性がかった名前です。

本来僕は、信じられないくらいの人見知りで、小心者です。

人前で話せるようになったのなんて、ほんのここ数年ですよ。

でもそれが、カタカナのマコトになってからはかなり変わりました。

本名では無く、カタカナのマコト。

つまり仮面をかぶっているからこそ書けること。言える事ってあると思います。

真琴と言う本名の存在では無く、
中山マコトと言う、”語るために存在する男”が書いてるんだ!
と割り切ることにより、思った事をズバズバ言えるわけです。

僕のお友達で営業の天才、小林一光さんは、本名の”カズアキ”ではなく、

仮の人格としての”コバヤシイッコー”を名乗るようにしてから、
劇的にストレスが減り、成績も上がったらしいです。

人は2つの名前を持って良い。

それぞれの人格に責任さえ持てるのなら、
異なる人格で活動しても良いと思います。