■尖ってますか~?

昨日の代官山セミナー。

大盛況で終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

お誕生日のお祝いもしていただき二重の感激。
(実は昨日が僕の誕生日だったんです)

で、そのセミナーで僕が徹底的に強調したこと。

それは・・・先鋭化して下さい。

つまり尖れと言う事です。

尖れというのは何も、ただツンツンした状態を創れと言う事ではありません。

自らをクッキリと見せるために、余計な要素を省き、
必要なコトだけを見せると言う意味です。

それこそが、

●ライバルと違って見え、
●結果、選んでもらうこと

につながる、とても重要な要素だからです。

でね、ある女性税理士がいます。

名前を小澤幸子と言います。

彼女は正真正銘の税理士です。

困難な試験をくぐり抜けて資格を手にしたのですから、
数字にも、計算にも、もちろん税金にも精通しているわけです。

ですが彼女が掲げるキャッチフレーズは、

”数字が苦手な税理士”

です。

ね?これだけでピン!と尖るでしょ。

お~と感じるでしょ?

では彼女は何が得意なのか?と言えば・・・

”聞き役!”

経営者の気持ちに寄り添い、相手が語りたいことをしっかりと受け止める。

これが実は経営者が一番欲しいモノです。

経営者は得てして孤独です。

だからこそ、じっくりと損得抜きでハナシを聞き、
耳を傾けてくれる存在には心を許すんです。

でも一般に税理士さんは税金処理の事しか話しません。

とれってつまりは売り込みであり、宣伝です。

そんなハナシ、あんまり聞きたい人っていません。

だからそうでない付き合いの出来る幸子さんが重用される。

結果、幸子さんの元には、税務関係の仕事が入ってくる。

そういうコトです。

自分が出来る事、やりたい事を語ると言うのは、
同じ資格を持つ人と、まったく同じ土俵に上がることです。

これでは毎日が戦いの日々です。

周囲はライバルだらけです。

ですが幸子さんはそれをせず、違った土俵に立っています。

だからこそ、戦いの無い、いわばブルーオーシャンを築いているんです。