■”女将の力”を知っていますか?

管理職受難の時代です。

良い人材はどんどん入って来にくくなっているし、
社員の定着率も下がっている。

僕の本にもあるように、フリーで働く人も増えている。

いえ、増えざるを得ない状況。

そんな中で成績だけは残せ!上げろ!と言われ続けるのですから、
特に中間管理職やプレイングマネジャは大変です。

そしてここが最も大きな問題だと思うんですが、

”旧来の管理モデル”

と言うようなモノが全く通用しなくなって来ている。

そんな気がします。

少なくとも、

■ハッパをかけるだけ
■根性論
■人情論

などでは人は動かない。

優秀な先達の本を読み、セミナーに通ってみても、
時代そのものが変わってしまっているわけですから、
そのまま参考に出来るモノなど無い。

途方に暮れるだけです。

つまり極論を言えば、

「いったい、どうして良いかさっぱり分からない!」

それが今の時代だと思います。

ですがそんな中、実に元気に立ち振る舞い、実に上手に人を動かしている人がいます。

そう・・・・

旅館の女将です。

旅館と言う、スモールビジネスワールドのリーダーとして、まさに、

”率先垂範”です。

見事にチームをまとめ、独特の人心掌握術を持っているのが、その女将達です。

その女将達の持つ様々な管理術を、

悩める中間管理職へのエールとして、或いは福音として集約した見事な本が出ました。

”女将力”と言うタイトルです。
http://tinyurl.com/c5zx53o

過去に旅館の女将を取り上げた本は沢山ありました。

が、それらは100%、”サービス・接客業”に携わる人に向けた、
ある種の参考資料でしかありませんでした。

が、この本は違います。

まったく新しい切り口。

旅館の女将を、チームのリーダとして捉え、彼女達の卓越した能力を、

”管理職向けに一般化”

した点にその独自性があります。

タイトルを”女将力”と言い、著者は松尾公輝。

僕の優秀な弟子であり、素晴らしい弟分でもあります。

彼はこれまで旅館に600泊しています。

つまり最低でも1200日、純粋に客として旅館に宿泊している。

つまり、客として女将を見続けて来たわけです。

彼の本業はマーケティングマンです。

だからコミュニケーションと言う視点からも、旅館を見続けて来ている。

簡単に言ってのければ、

”プロの客として旅館を見続けて来た、プロのマーケティングマン”

と言う事になります。

こんな存在、他にはいません。

まさに、そんな彼だからこそ書けた本。

そう言い切って良いと思います。

しかも内容は女将との問答形式。

女将が彼女達の持つ、解決力を目の前に提示してくれる、
実に分かりやすい内容です。

管理職だけで無く、経営者にもピッタリの本です。

で、この本、今日、本日一杯キャンペーンをやっています。

お得な特典が着いている事もさることながら、
これを機会に、とにかく読んでみて欲しい。

切にそう願っています。

【キャンペーンの詳細はコチラ】
http://www.kanpai-kanpai.com/okamiryoku/

あなたの仕事に、女将力を導入してみませんか?