■50回の忘年会。

独立起業をする前、

サラリーマン時代の僕は、忘年会を50も抱えていました。

とにかく声がかかりさえすれば「出席します!「」{参加します!」
と、まさに断る事を知らない人間でした。

とにかく顔を売っておきたい。

クライアントに良い顔をしたい。

媚びていたし、へつらってもいました。

ある年などは、忘年会のトリプルヘッダー(一日にみっつ)が4回もあり、
3回目などは手土産を持って顔を出すだけ。

ほんの一瞬しかいられずに、逆に顰蹙(ひんしゅく)を買ったりしました。

まさに、誰にでも気に入られたい。

みんなに好かれようとしてみんなに嫌われる!の典型でした。

が、独立をしてからはとてもそんな事は出来ないので、

絞りに絞ってせいぜい10回程度に減らしました。

すると劇的な変化が起こったんです。

本当に出席ししたい場にしか行かないと決めると、実に話しに花が咲く。

名刺を作り直したりした効果もあったのでしょうが、忘年会の場で仕事を頼まれたり!と言う事もしょっちゅう起きました。

あ、これが”相手を絞る!”と言う事の意味か?

その時やっと理解出来た気がした事を憶えています。