■シロートさんに教わったこと。

僕も含め、マーケティングの世界に生きている人間に共通の特徴として、

”プライド”

があります。

要はプロフェッショナルとしての誇り・矜持、そして・・・自信。

もちろん勉強もしていますし、独特の視点も持ち合わせています。

が、時としてその自信が徒(あだ)になる事がある。

そう、思い込みが過ぎると、大事な事を見落としてしまったり、
過信をしてしまったりする。

これ、とっても危険な罠(わな)です。

あなたも経験があると思いますが、
テレビのCMとか、電車の広告などを見たとき、

”これって何を言いたいんだろうか?”

と言う違和感を抱くことがあります。

こういう場合、往々にして、

”マーケッターの思い込み”

が、その原因です。

まさに、”伝わると思っているのは自分だけ!の法則”です。

売れません、それでは・・・。

届きません、そのやりかたでは。

もちろん、中山マコトも同じ過ちを犯した事があります。

自分の思い込み、過信で、売れない広告を作ったこと・・・

あります。

ですが、実は至極簡単にその”思い込み”から抜け出る方法があります。

それはどんな方法か・・・

”人に訊くこと”

です。

そう、自分で考えても分からなければ、

”素直に人に訊く!”

これが一番です。

言い換えれば、

”答えはシロートさん”

が教えてくれると言う事。

市場の側にいる、

・見込み客
・リアル客
・販売員

などは、まさに、

”お客さんの本音”

を熟知しています。

その人達がポロリと漏らす一言や、思わず起こす行動は、まさに、

”ヒントの宝庫”

であり、答えそのものだったりします。