■世の中は、“時間を守れる人”と“時間を守れない人”の2種類だけ。

「ビジネス上で、最も大切にしている事はなんですか?」。

そう問われれば僕は躊躇無く、

「時間を守ること」と答える。

私達は常に時間の流れと共に生きている。

言い換えれば、すべての出来事には始まりがあり、終わりがあると言う事。

私達の生きるビジネスの世界では、この“終わり”=締め切りである。

そう、締め切りの無い事柄など、この世には無いと言って良い。

待ち合わせ!と言う行為も、実は締め切りがあるのだ。

時間に間に合わなければ、マイナス以外生じない。

更に言い換えれば、締め切りに間に合わなければ、
その行為は、努力は、アウトプットは・・・すべてゴミ。

相手の必要とする時間に間に合わなければ、
どんなに素晴らしい出来であっても、すべてはゴミなのだ。

これがビジネスの掟である。

ところがこの締め切りと言う概念。相手から明示される場合はまだ良い。

・この報告書をいついつまでに提出すること!
・企画書をいついつまでに欲しい。
・明日までに見積もりを下さい!
・日報は今日中。

このように締め切りが明示されている場合は、
当然の事ながらそれを守るべく、誰もが奮闘する。

守らなければ、「あいつは締め切りを守らないヤツだ!」と評価され、
自らの扱いが悪くなり、収入減やポジションの変化など、
いわゆる実害を被るからだ。

これは守って当然。

出来なければ失格!最低ラインである。

しかし、本当に重要なのは、こうした、
“締め切りが明示されている要件”
の事では無い。

僕が言いたい“締め切り”とは、目に見えない締め切りの事である。

で、この目に見えない締め切りには2つの種類がある。

ひとつは、自らの内部に向けての締め切り。

要は自分との約束である。

これは外からは見えない。

だから守らなくとも、或いは守れなくとも実害は無いと言って良い。

もうひとつは神との約束。

今日のタイトルである、
世の中には、“時間を守れる人”と“時間を守れない人”の2種類だけ、
と言うのは、この“神との約束”の事である。

この神との約束には、実は具体的な締め切りが無い。

例えば、卑近な例で言えば、

・今度飲みに行きましょうよ!
とか、
・近々、提案させていただきますよ!
とか、
・○○さん、紹介しますよ!
のような、ある意味、立ち話的に・・・
或いは、話しのついでに出たような事柄の事。

更に言えば、
・来年は○○したいと思ってるんですよ!
とか、
・今年こそは××を叶えます!
のような、ある意味、外部に向けての宣言に近いモノも含まれる。

要は、『見ているのは神様だけ』の世界である。

こうした神との約束は具体的な締め切りが無いだけに、
容易に無視されやすい。

誰も見ていないからいいや!となりやすい。

が、実はここが、周囲の人達からあなたをみたときの、
実に重要な評価ポイントになっている事に気づいているだろうか?

「あの人、何となく、言ったことを守らないよね?」
「あの人、言うだけで全然実行しないよね?」
「あの人、なんかいつもテキトーだよね?」

こうした、一見、目に見えない評価は、知らず知らず堆積(たいせき)する。

ボクシングで言えば巧妙なボディブローのようなもので、
いつの間にか、ジワジワと効いてくる。

そしてある基準ラインを越えるとどうなるか?

そう、決壊するのである。

決壊した結果の評価は明快。

「あの人、なんか、肝心なコトを頼んでも、
ちゃんとやってくれそうにないよね?」
と言うことになる。

実は世の中で、どうも評価の低い人の多くは、
この“神との見えない約束を守れない!”
と言う事に起因する事が圧倒的だ!と言う事にある時、僕は気づいた。

言い換えれば、こうした視点で人を見ていくと、
まさに、世の中には、“時間を守れる人”と“時間を守れない人”
の2種類しかいないと言う事がハッキリと見えるのだ。

締め切りが明示されている事を守れないのは論外として、
実は“人から信頼される人”“人よりも良い仕事を依頼される人”
と言うのは、実はこの“決められていない締め切り”を守る能力が高い人、
と言う事になる。

さて、あなたはこの
“締め切りを明示されていない事を守る能力”があるだろうか?

これこそが僕が、
“時間を守れないのは実害=損”をしているのだよ!と主張する根拠なのだ。

さて、そんな、時間をキチンと守り続けるとどうなるか?

そう、願いが叶うのである。

極論に聞こえるかもしれないが、叶うのである。