■開店時間も強力な武器!

東京は高田馬場にある、とん久。

とんかつの名店で、僕の書いた、
”ありがとうの育て方。”
にも、そのキャベツのエピソードは紹介されています。

この店、キャベツ以外にも、素晴らしい着想と接遇が溢れる店なんですが、
実は店の外にもそのアイディアがありました。

それは・・・
開店時間。

ここ、高田馬場です。日本でも有数の学生街。

でもね、ビジネス街としての貌ももちろんある。

特に駅前はいつもビジネスで訪れる人で賑わっています。

オフィスも沢山あります。
でね、このとん久・・・・

開店時間がなんと!!!

11時20分なんです。

ビルの前にある看板に、ハッキリと”11時20分~”と書いてある。

そう、周囲の店の殆(ほとん)どが11時半を開店時間にしてるところ、
この店だけ11時20分。

同じテナントビルの中でも、唯一、11時20分。

これ・・・めちゃめちゃ賢いです。

つまり、他の店と同じ、11時半にすると、もちろんバッティングもするし、
みんながライバルになります。

でも、一軒だけ11時20分と、たった10分だけズラすことで、
ライバルがいなくなる。

少なくとも、そろそろお昼にしようか?と思って、11時半を目指せば、
どこの店もどっと客が押し寄せる。

まさに難民が溢れます。

仮に大切な取り引き先などを伴ってランチに行く場合、
難民のように彷徨いたくはないんです、誰も。

そんな”ここぞ”と言う人に対し、この店はやさしく店を開けて待っている。

まさに救いの神なわけです。

この10分間の差を、

”自分の店だけ、独占的に客を取ろうとしている・・・」

と見るか、

”さまよえる難民を救おうとする配慮、近所のビジネスマンへの配慮”

と見るか。

それは人それぞれだし、それぞれであって良いと思います。

でも、この店のこの発想に救われている人、沢山いるだろうし、

『困ったらとん久』

と思ってる人、沢山いると思います。

不況だ!儲からない!と騒ぐ前に、出来る工夫、やれる努力・・・

一杯あります。

そうでなければ、あのキャベツのエピソードみたいな素晴らしいアイディア、
出せるはずがないんです。
(キャベツのエピソード、知りたかったら、”ありがとうの育て方。”を読んでね)

特に飲食は立地ビジネスと呼ばれ、立地がすごく重要であるかのように言われます。

大事ですよ、もちろん、立地はね。

でも、他にも大事なものは沢山ある。

それをリカバーする事こそが智恵です。

立地と言う言葉は、

”地元を立てる!”

と書きます。

地元に暮らす人、訪れる人。

そこに目を向けているからこそ、とん久は名店でいられるのだと思うんですよ。