■船出。

「あんたと食事に行くと、メシが不味くなる!」

以前、妻バーバラに言われました。

確かに店のスタッフがなんかしでかすとブツブツ。

料理の出が遅いとブツブツ。

素敵な対応をされるとそれはそれで、
「ねねねね。今のすんばらしいよね?」
と騒ぐ。

確かにね、一緒に食事に行くと面倒くさい男ですよ、僕は。

でもね、そうして蓄えた”体験”とか、”感情の動き”、そして”感性”。

やっぱり役に立ちました。

そう・・・・

そうした諸々がすべてまとまって・・・・

”ありがとうの育て方。”

と言う一冊の本に結実したんです。
http://tinyurl.com/bgn4alo

この本に登場するエピソードのひとつを最初に書いたのは、
かれこれ4年前です。

つまりこの本は、4年の歳月を要して書かれたものと言っても良いです。

やっと出せた。やっと読んでもらえる。

しばらく前、多分2年くらい前かな?

ある出版社の編集さんに、当時書き上がっていた部分の原稿を見せました。

編集会議にはかけてくれたようでしたが、でも、

「サービスものは売れないから・・・」

と言う理由で、一刀両断、却下されました。

別の会社の編集さんに話した時は、

「うちはリッツとか老舗旅館の本を出してますからね~」

と、やんわり断られました。

でもね、僕は思うんです。

リッツとか老舗旅館の本を読んだ店、会社、ホテル・旅館・・・・

良くなってますか?って。

本を読んだ店、会社、ホテル・旅館の接遇とかサービス・・・。

格段に向上してますか?って。

リッツにいた人や、老舗旅館の女将の講演を聴いた人達の会社とか店・・・・

世の中をよくしてますか?って。

僕にはどうしてもそうは見えない。

まったく見えない。

逆に、真似出来ないストレスとか、
うまくいかないイライラを増やしているだけの様に見えてしまう。

それではダメなんだと思うよ。

だから・・・だから・・・・だから・・・・・・

やっとやとやっとやっと・・・この本を書きました。

僕の、4年間と言う時間。

そこで見たこと、聞いたこと、味わったこと、体感したこと・・・

全部、詰め込んでみました。

大した話しは出てきません。

驚天動地のサービスなんて登場しません。

でもそれが普通。

それが当たり前。

僕達が出来る事なんて、たかが知れてる。

その、たかが知れてる事を積み上げる事こそがサービスとか接遇の本質です。

一発逆転、満塁ホームランみたいなサービスは無い。あり得ない。

世界中が涙した物語は、すぐにみんな忘れてしまう。

でもね、あなたの足元にある、落ちている、ちょっとした”ありがとう”は、時空を、時代を超えて、人の心に””小さなありがとう”を育て続ける。

それが僕が書きたかったことのすべて。

今週、8日と9日の2日間。

インターネット書店のAmazonを使って本を購入して下さった方に、
特典を進呈するキャンペーンをやります。

その告知も、明日あたりになるだろうけど、このメルマガでやります。

その前に、キャンペーンに協力していただける方は、
こちらの”応援隊”に登録していただけると嬉しいです。

登録してくれた方にも、登録特典がつきます。

さて、この本がどんな風に世の中に評価されるのか?

それはまだまだこれからです。

が、賽(さい)は投げられた。

リッツ、ディズニーランド、老舗の旅館・・・

勝負です。

待ってて下さい。