■ありがとうの育て方。43位まで来ました。

Amazonキャンペーン、スタートして半日とちょっと。

おかげさまで、未だに在庫切れにも関わらず、43位まで来ました。

感激で胸が詰まりそうです。

今日、木曜の始まりから金曜の終わりにかけて・・・

僕の25冊目の本、

”ありがとうの育て方。”
http://tinyurl.com/bgn4alo
のAmazonキャンペーンをおこなっています。

今回のこの本。

実は”初版部数(最初に印刷するロット〉が少ないんです。

ですから当然の如く、地方の書店さんとか、
都市部でも小さめの書店さんにはなかなか行き渡りません。

実はその”行き渡らない状況”を打破するための切り札が、
アマゾンランキングだったりします。

地方の書店さんが”売れている本”とか”置きたい本”を探す場合、参考にするのは、

”紀伊國屋書店”の販売データベースと、アマゾンのランキングです。
(話しを分かりやすくするために、ものすごく簡略化して書いています)

例えば、アマゾンのランキングを見て、

「お!こんな本が上位に来てるのか?」

と発見し、データを読んで、自分の店に合いそうだな!と判断したら、
発注をかけてくれる可能性は高くなります。

でも、最近のアマゾンはキャンペーン流行りで、本の質も玉石混淆。

アマゾンでおまけで釣るキャンペーンをやって瞬間風速だけを吹かし、
一気に圏外へ急降下!

ブログとかホームページで、”アマゾンで○位獲得!”
と書きたいがためだけにやっているバカタレも沢山います。

でもね、それでも、書店さんは一生懸命です。

数少ない情報を吟味し、売りたい本を探してくれている。

でもね・・・・いや、だからこそ・・・

目につかなければ、評価しても貰えないんです。

アマゾンのランキングを見て貰えば分かるんですが、

”総合20位!”

に入らないと、ほとんど人の目には触れません。

検索できるのは、総合100位までです。

だからこそ、少なくとも100位以内には入って、
書店さんの目につく場所に居たい。

見つけて欲しい・・・。

そう熱望します。

今、43位です。

だいぶ、目に付くようになってきたはずです。

次は20位以内。

つまり・・・アマゾンランキングのTOPページです。

ここに入るとすんごく目立ちます。」

まずはそこまで行きたいです。

それからもう1つ。

継続性です。

先ほども話したとおり、最近は、”一瞬だけランキングを上げ、
一気に急降下してどこに行ったか分からない!と言う本も多いです。

そして、書店さんもそれを知っている。

だからこそ、チェックの目は厳しくなっているし、慎重にもなっている。

アマゾンで見て、売れてるからと発注をかけて、
本が届いた頃には、全然売れない本になっているのではシャレになりませねん。

それを説得するのが、ランキング画像の左横にある、”○日間●位”と言う項目です。

これを見ると、その本の安定性がおよそ分かります。

と言う事で、そんな諸々から、やはりアマゾンキャンペーンはやった方が良い!
やるべきだ!と判断しました。

そしてその”発見して貰える可能性”を後押しして下さるのが、あなたの一票です。

1500円と言う価格は決して安くはありません。

平均的なサラリーマンでも、1500円を3日分の昼食代に充てている人、沢山います。

でも・・・お願いです。

ぜひチカラを貸して下さい。

この本が一軒でも多くの書店さんに置かれ、
一人でも多くの人に読まれるためのパワーを貸して下さい。

”ありがとうの育て方。”アマゾンキャンペーン。
詳しくはこのサイトをクリックしてみて下さいね。
(本の中味も、少しだけ読むことが出来ます)
http://www.nakayama-makoto.com/campaign/arigatou.html

この2日間のどこかの時間で、この本を、Amazonから買っていただくと、

”思わず、え~っと声が出るくらい”

の特典がついてきます。

特に銀賞の、”鯨の刺身”は絶品&希少品。

ぜひ、ゲットして欲しいです。

この本の中に何度も登場する、新宿歌舞伎町の、名居酒屋、樽一の名物料理。

ぜひ味わって欲しいと思います。