■「本だけでは体験できない、ライブ感覚のあるセミナーでした!」

この表題の言葉は、11月17日に日本経済新聞社主催で行われた、

”フリーで働く!成功の秘訣!”

と言う、僕のセミナーを受講して下さった参加者の感想です。

これこそがまさに僕が追い求めているもので、僕のセミナーのほとんどは、

”本では書ききれなかった事”

や、

”本を出した後に起こった、世情的変化”

について、補足と言うか、補強する意味合いが強いです。

で、僕のセミナーや講演の最大の特徴として、

”大雑把”

と言う点があります。

これはなにも、手を抜くと言う意味では無く、例えば、

”当日用いる資料を、細かくは作り込まない”

と言う意味。

僕は言葉の世界に生きているので、資料を作り込み、
ガチガチの話しをするよりも、

”ズドン!”

とか、

”ズシン!”

とか、

”バシッ!”

とか、そんな音が聞こえるくらい、
オーディエンスの気持ち・心に刺さり込む言葉を発したい!

そう考えるからこそ、僕の使う資料は、

●フレーズ=キーワード

のオンパレードです。

つまり、”理屈よりも感性”

を重視した内容になると言う事。

1時間、2時間の内容を、全部憶え、全部身につけるなんて事は所詮無理。

だとしたら、ひとつでもふたつでも、記憶に残り、心に刺さり、
刺さったまま抜けない言葉。

それを使う事が重要で、そんな”刺さって抜けない言葉”

がいくつかあれば、それだけで肝心な時に思い出して貰える。

そう思うんです。