■花束が育てるありがとうの芽。

西麻布に、”アヒル”と言う名の、イタリアンがある。
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13005247/

店名の由来は、ガ~ガ~鳴く鳥では無く、”A HILL”。

鉄板焼きが充実した、とっても素敵で面白いお店だ。

ある日、僕は大親友のナベちゃん、弟子の野菜ソムリエCanacoと一緒に、
この店を訪れた。

実はCanacoのバースデイを祝う日だったのだ。

で、席に着き、ドリンクをオーダし、先ずはサラダ・・・。

すると、店のお兄さんスタッフ(以降、兄さんと略す)が、
「サラダは二人前なんですよ・・・」と言う。

「そうか、じゃ、4人前貰おうか?」と話すと、お兄さんがすかさずこう言うんです。

「3人分をお作りしますよ!」

この時点で、すごく気遣いの出来る、自由度のある店だな~と感じる。

で、他にもいくつかオーダし、ワインでバースデー祝いの乾杯を。

するとその時、丁度サラダが届く。

兄さんが、僕達の「誕生日おめでとう!」と言う台詞に、
ニコリと微笑んだ気がした。

おいしい料理に舌鼓を打ち、少し酔っ払い、〆にはこの店自慢のメニュ-、

カレーをオーダ。

絶品である。

鉄板焼きフレンチのカレー・・・

あんまり聞いたこと、無いよね。

で、会計をしてドアを開け、店外に出ると・・・そこには・・・

コック帽をかぶったシェフが、花束を持って立っている。

「お誕生日だと伺ったもので・・・・」

シェフはニッコリと微笑むと、その花束を恭しく、Canacoに手渡した。

この花束、どうみても出来合いでは無い。

ましてやいつも用意されている増加とかプリザーブドフラワーでも無い。

このためだけに、近所のお花屋さんから取り寄せたか、
或いは作ってもらったか?そんな本物の花束だ。

誓って言うが、僕はこのCanacoの誕生日の事を、
事前に店には言っていない。

青山の某有名レストランのように、

”事前に分かっていれば色んなサービスも出来ますよ!”

と言うのとは根本的に違う、アドリブと機転の利いたフォーメーション。

僕はこの店に、プロのサービスを見た。

まさに、ありがとうを育てる店。

ありがとうは、言われた時がゴールなんかじゃない!

言われた瞬間から、もっともと大きな”大輪のありがとう”に育てるべく、
スタートするものだ。

ありがとうを言わせたいとガンバルのでは無く、言われた時がスタート。

そう考えると、無理矢理作った、アイディア優先のサービスが、
いかに陳腐で色褪せて見える事か。

この店のすごさを形成する最大のエンジンは”お客さんへの関心”。

お客さんに対し、いつも関心のベクトルを向けていなければ、
こんな動きなど出来ようハズも無い。

ア・ヒルで育ったささやかな、でもとっても大きなありがとう。

僕は色んな場所に広げていきたいと思う。