■自分だけのブルーオーシャンのつくりかた。

毎年、少しだけ目標金額に届かない。

今1つ、売り上げが安定しない。

軌道に乗った気がしない。

そう嘆いている経営者に、共通の特徴があります。

それは・・・・

”商品やサービスにのめり込み過ぎる!”

と言う特徴です。

言い換えれば、

”惚れ込み過ぎて、客観的に、冷静に見ることが出来なくなっている!”

と言う事です。

そう言う人の商品説明は、かなりの確率で一方的です。

自分が扱う商品の”メリット”だけを延々と、熱く語る。

でもそうした説明は、受ける側から見ると、鬱陶しいだけだったりします。

それ、仕方ないですよね?

相手不在ですから・・・。

それが決して良くないことである!と言うのは、実は本人も気づいている。

自覚はあるんです。

でも・・・・

”では、どうしたら良いのか?”

が分からない。

分からないから、また延々と熱弁を振るう。

反応が悪いから、益々熱く、長く語る。

そんな悪循環です。

その悪循環を断ち切るには、先ほども話した通り、
”客観性”を持つ事が大事です。

”誰を相手にするべきなのか?”

”何を、語るべきなのか?”

”どの部分に力点を置いて、語るべきなのか?”

”そもそもその商品・サービスの可能性はあるのか?”

”サイトとかチラシなど、ツールはちゃんとしているのか?”

まだまだありますが、とにかくそうした”要素”を全方位的に、
客観的に見直す事が重要になります。

そして、ここが一番大事なんですが、これ・・・・・

”一人では出来ません”

そう、キャッチボールをしながら一緒に考え、一緒に判断してくれる、
”第三者”の存在が不可欠です。