■女子大生エミリの行動力!

今日は僕の初代アシスタント、エミリの事を書きましょう。

エミリ・・・珍しい名前ですが、本名は笑理と書きます。

彼女とは彼女が学生時代、モデルをやりながら早稲田にある、
某大学に通っている時に出会いました。

当時、僕が主宰していた写真撮影会のモデルでやってきたんです。

ま、その辺りの話しは良いとして、彼女はほどなく就活を始めました。

聡明で美人、学校では法律を専攻し、ハキハキと明快に会話できる。

そんな彼女が選んだのは某超大手の家電メーカーでした。

当時、世界的に評価の高かった技術に売り物のあるメーカー。

僕も一緒になって大喜びしたものです。

で、メインのお話しはここからです。

その家電メーカーに内定した翌日、エミリと会いました。

彼女は僕に、こう訊きました。

「次は何をすればいいですかね?」

僕はすかさず答えました。

「家電メーカーに入るのなら、先ずはお客さんを知る事。
販売の現場を知っておくと強いよ!」

彼女は納得した様でした。

で、翌日。

エミリから電話が来ました。

「有楽町のBカメラの販売員のバイト、決めました!」

そう、彼女は僕のアドバイスを聞き、その日のうちに募集状況を調べ、
翌日にはバイト先を決めてきたんです。

しかも、僕のアドヴァイス通り、販売の現場の仕事です。

AV(オーディオビジュアルコーナ)で接客をする仕事です。

商品知識など必要なコトを彼女はグングンと吸収し、
数ヶ月でフロアの売り上げNO1になりました。

特に、懇切丁寧、分かりやすい彼女の説明は、
高齢のお客さんの人気NO1だったらしいです。

これが行動力と言うものです。

必要と決めたら動く。

躊躇などと言う雑音は彼女の辞書にはありませんでした。

結局、卒業し、家電メーカーに入ってからの彼女は、
販売の現場でチカラを発揮し、会社でも重用され、素敵な旦那さんも見つかりました。

お腹が大きくなって久々に僕の前に現れたエミリを見て、僕の感慨もひとしおでした。

行動する事。

それは、”行動しようと思うこと”ではありません。

ましてや、”足踏み”などは論外です。

必要と思ったら、自ら考え、最適な対応を考え、実行に移し、実現するまで動く。

ここだけの話しですが、その家電品店にアルバイトを決めるまで、
彼女は数店の面接を受けています。

すんなり行ったワケではないんです。

行動する事。

そして達成する事。

彼女は学生時代からそれをやっていた。

誰でもが真似出来るようで、意外と出来ない事。

でもやらなければいけない事。

ぜひ意識してみて下さいね。