■”横揺れしないこだわり”

もう、随分前の話です。

僕は自分が商品開発に関わったある商品を、
当時僕が在籍していた会社でも販売したいと考えました。

商品には圧倒的な自信があり、また自らが手がけた商品を自らが販売代理店になり手がける事で、
知らない世界が見えてくるかもしれない。

そう言う期待もありました。

もちろん販売した結果入ってくる手数料も魅力です。

その商品は、蒟蒻(こんにゃく)から抽出したグルコマンナンを使ったスポンジ。

純度が高く、アトピーの子供達が使っても痛くないし、痒くない。

大学のチームによるテストでも一切の問題は出ず、
実際に使ってくれたアトピー児のママ達からも絶賛をいただいていた商品でした。

で、ある日。

僕はその商品を、”有名メーカーにOEMできたら良いな!”と考えました。

要は、この商品を某メーカーの商品として納品し、
そのメーカーの販売チャネルを通じて販売して貰いたい!と考えたんですね。

僕はさっそく行動を起こしました。

そして僕の後輩が部長を務めるある日用雑貨メーカーに乗り込んだんです。

その企業は当時日の出の勢いの会社でした。

規模は資生堂、花王、ライオン、P&Gなどには劣りますが、
独特の流通制圧力と売り場での戦い方に特徴が有り、
そうですね、生理用品では特に際立った強さを持っている会社でした。

僕は開発メーカーの部長を伴い、勇躍その企業、
仮にC社としましょうか、に乗り込みました。

会ってくれた相手は、マーケティング本部長。

でも、まだ30代の前半、若くしてここまで来ているのですから、
かなりのやり手のハズです。

予めアポイントを取ってあるので、和(なご)やかに時間は過ぎます。

こちらに対する態度も実に紳士的で、商品の取り扱い可能性もかなり高いぞ!

そう感じさせる対応でした。

で、僕はおもむろに商品の説明を始めました。

現物を手にとって貰い、丁寧に、きめ細かく解説をしました。

販売を承諾してくれた場合の、販売条件も破格のものを提示しました。

普通なら、間違いなく飛びつくだけの条件です。

ユーザーからの評価データも包み隠さず、すべて見せ、
まったく文句のつけようのないプレゼンが出来たと思います。

C社の部長も高く評価してくれたようで、素晴らしい!と何度も口にしています。

「これはイケるぞ!」と心の中でほくそ笑んだものでした。

で、ひとしきり説明を終えたとき、相手の部長がこう切り出しました。

「いや~、本当に素晴らしい商品ですね!」

本気でその商品の事を褒めてくれています。

で、次に彼の口から出た言葉に、
僕と、僕と同行した部長の心は信じられないショックを受けます。

その言葉はこうでした。

「良い商品だからこそ、これはウチでは扱えませんね。」

続けます。

「理由は簡単。
本当に世の中が必要としている商品なら、当社の誰かが開発をするからです。

本当に世の中が待っているなら、当社の誰かが目をつけるからです。

私は当社の開発力を信頼していますし、それがまだ無いと言うことは、

まだ当社が扱うタイミングでは無いと言うことです。」

続けて彼はいいます。

「ひょっとすると、すでにもうウチの誰かが、
コレの対抗商品を作り始めているかもしれませんよ。」

そう言って彼は笑いました。

完敗でした。

ブレない会社ってこういう事なんだな。

まさにその秘訣を突きつけられた気がしました。

自らの会社のチカラを、風土を、発想を、時代を捉えるチカラを・・・・

ここまで強烈に信じることが出来るチカラ。

他社からの持ち込みに、心を微動だにさせず、

「本当に必要な商品なら、当社の誰かが必ず作るはずです!」

と言い切る自信。

しかも30才そこそこの若きマーケティング部長がそれを言ってのける。

スゴイと思いました。

商談自体は失敗でしたが、僕の心の裡には、
実に爽やかで心地よい風が吹いていました。

僕は一匹狼的な体質で、チームやグループで仕事をするのが苦手です。

間違いなく向いていないと思っています。

ですが、このエピソードにより、

”身内を信じること”

と、

”横揺れしないこだわり”

のチカラを目の当たりにしました。

こうあればチームは強い!

それを実感しました。

事実、そのC社は今も素晴らしい商品を連発していますし、
日用雑貨業界の風雲児企業として、超大手を脅かす存在で居続けています。

目先の利益、自分の手柄。

そんなモノに目がくらんで、主義を、主張を、信念を、
すぐに曲げてしまう会社や店や人が多い中、
このC社の生き方は1つのバイブルになるのでは無いか?と思います。