■1000本ノック。

つい先日、仙台から写真家の福田沙織さんを呼んで、写真教室をやりました。

参加者は少数でしたけど、それぞれに大きな発見というか、驚きがあり、

午後からの新宿御苑での実習では、教室で教わったことを即、
取り入れて自分なりに、チャレンジしていました。

が!

が!!

翌日にfacebookなどに投稿された画像をみていると・・・・

もう忘れてる。

教わったことが生きていない。

今まで通りの写真に戻っているケースがとても多い。

つまり、教わったけれど、分かった気にはなったけれど、でも・・・

身についていないって事なんです。

これ、なんと言っても勿体ないですよね?

僕は以前、インプットのハナシを書きました。

INPUT、OUTPUTの”PUT”と言うのは、本来、置くと言う意味。

いくらINPUTしても、きちんと心と言うか、脳みその中に、
”置かれ”ていなければ学んだことにはならないんです。

そしてここが肝心なんですが、置くためには、何よりも”経験”が重要です。

写真であれば、何百枚、何千枚と撮ってみる。

今はデジカメの時代です。

銀塩写真の時代と違って、いくらでも撮り、いくらでも消す事ができる。

現像代やフィルム代がかからないと言うのは実に幸せです。

もちろんここで言う”撮る”と言うのは、問題意識を持ち、
テーマを持って撮るという意味。

漫然と、無闇矢鱈にシャッターを切ることを撮るとはいいません。

正しい千本ノックは、いつもテーマと共にあります。

そうして小さな発見を重ねながら、微妙な修正を重ねながら、
いつのまにか自分のスタイルが出来上がっていく。

そう言う事です。

この努力を、体に、脳に叩き込む努力を惜しむ人に、成果などやってはきません。

上達など訪れません。

あなたは”数”に対するチャレンジをした事がありますか?

ひたすら取り組んだことがありますか?

寝ないで、1つの事を連続した事がありますか?

不平不満を言うのは、それからにしましょう。