■働く意味。

誉田哲也さんの”幸せの条件”と言う名作に、こんなフレーズが登場します。

ここから・・・・・

「大切なのは、誰かに必要とされることなんかじゃないんだ。

本当の意味で、自分に必要なのは何か・・・

それを自分で見極めることこそが、本当は大事なんだ。

俺が社長業を継いだのは親父が死んだからだが、俺がこれを続けているのは俺の意志だ。

俺はガラスをいじくって人様の役に立って、そうやって生きていく事を選んだんだよ。

他でもね~、この俺が、片山製作所の社長と言うポストを必要としてるんだ。

それを守るためなら努力は惜しまない。

死ぬまで身を粉にして働く。

そういう事なんだよ。」

ここまで・・・・・

やられました。

更に、こう続きます。

--------------------------

「この会社がお前を必要としなかったんじゃない!

それ以前に、お前が本当の意味でこの会社を必要としていなかったんだ!」
--------------------------

働くと言う事、就職先を選ぶと言う事。

その真の意味をここまで端的に語る言葉に初めて触れました。

その場所を、自らが働くその場所を・・・・

自分自身がどこまで必要としているか?

生活のためで無く、見栄とか虚栄とかでも無く、義理や人情でも無く・・・

その場所を、自らが立つその場所を・・・

”あなた自身が、本当の意味で必要としているか?”

もう1度問いかけてみませんか?

働くと言う事は、自らを活かす事。

それに相応しい場所が果たしてどこなのか?

それは永遠に分かりません。

でも、それをいつも希求する気持ちを持ち続けなければ、
自らが求める場所になど出会えるはずも無い。

そう思います。

自分が本当の意味で必要としている場所と巡り会うこと。

その事を”人生”と呼ぶのかもしれませんね。