■強いキャッチフレーズは経営すらも安定させるチカラがある。

1000人の人に、”記号だけが書かれた名刺”を渡す。

10人の人に、”伝わりやすいキャッチフレーズが書かれた名刺”を渡す。

どちらがビジネスにとって効果的か?

考えるまでもありません。

前者は、反応ゼロ。

1000人からの反応はゼロで、つまり、0/1000。

ゼロはいくら増やしてもゼロで、分母が10000になっても、やはりゼロ。

果てしないゼロ行進です。

が、後者は違う。

10人に対し手渡して反応が2人からあれば、
100人に渡せば20人。

1000人だと200人と言うように、予測がつく。

マーケティングの目的のひとつにこの、”予測”と言う要素があります。

僕がインターネットを使って、色んな実験をしてデータを集めるのも、
この”予測”を大事にしているからです。

強いチカラを持ったキャッチフレーズは、この予測を可能にします。

例えばブログのタイトル。
タイトルAをタイトルBに置き換えてみたら、精読率が3割上がった。

だとしたらその3割は確保できたわけだから、後はアクセス数を増やせば良い。

アクセス数を10倍にする行為、努力をすれば精読者は10倍になる。

単純な算数の問題だし、何を努力すれば良いのか?がハッキリと見える。

ここがポイントです。

強いキャッチフレーズは、数字を作ります。

売り上げや利益の予測を可能にします。

つまりは経営の安定です。

数字が安定すれば、色んな面で本当にラクになります。

キャッチフレーズ・・・・・
大事です。