■支配人の仕事。

昨日、新宿の名店、バーイーグルに初詣に行った。

毎年、ウヰスキーの口開けはこの店、と決めている。

貝割れと生ハムのサラダ、ビーフストロガノフをいただきながら数杯飲んだ。

〆はジャニスがこよなく愛した酒、サザンカンフォート。

支配人の松田さんが腕を振るってくれた。

で・・・・・・・・・

気がついた。

この店、静かなのである。

もちろん年始営業初日とは言え、お客さんはワンサカ入っている。

お客さんの話し声はもちろん聞こえてくる。

が、キンキンカンカン響いてはこない。

そして、松田支配人を始め、スタッフの声が・・・小さい。

と言うか、普通。

要は、普通の会話程度の声で、

「いらっしゃいませ!」

「ご注文がお決まりになりましたら、声かけて下さいね!」

「コート、お預かりしましょう!」

などを発するわけだ。

決して、がなりたてたりしない。

良くある、ガチャガチャした店に見られるように、

「イッシャイマセ~~~~~♪♪」

「オーダー、いただきました~~~~♪♪」

「お客さま~、オッカエリです~~~♪♪」

のような、うるささがまったく無い。

日常会話のままの声量で、トーンで、普通に「いらっしゃいませ!」

で、これ、どんな効果があるのだろうか?

ローヤルを飲みながら、少し考えてみた。

で、出た答え。

”抑止力”

つまり、こういう事だ。

スタッフがガナリたてなければ、客も大声が出しにくい。

スタッフが落ち着いていれば、客も落ち着く。

つまり、

”店のうるささの原因はスタッフが作っているし、
落ち着きの無さも、店が作っている!”

と言う事なのだ。

松田支配人のあの落ち着いた佇まい、物腰、物言い。

実はこれが、店の雰囲気を支配しているのだ。

あ、そうか!

だから支配人なんだね、と気づかされた次第。

やっぱり、お酒は、静かに、落ち着いて飲みたいもんだね~。

<イーグル>
TEL 03-3354-7700
住所
東京都新宿区新宿3-24-11 セキネビル B1F・B2F
交通手段
JRまたは地下鉄丸の内線新宿駅 東口から歩いて2分程度。
アルタの裏の赤い看板が目印。
新宿西口駅から244m
営業時間
月~土 17:30~翌0:40
日・祝 17:30~翌0:00
夜10時以降入店可、日曜営業