■捨てると言う事。

大好きな小説家、安藤祐介さんの小説、

”1000ヘクトパスカルの主人公”

に、こんなフレーズが登場します。
--------------------
今、僕がビールを飲んでいるとしましょう。

この瞬間、僕は他の選択肢を切り捨てています。

そうやって、一瞬一瞬、選び取ってきた積み重ねの上にある今。

それが自分です。

それは、自分探しの旅に出て、見つかるようなものではありません。

自分というのは、いつの間にかこうなっている、今、この瞬間のことなんじゃないか?

だから今の自分に、言い訳なんて出来ないんです。
--------------------

僕達は今、まさに今、この瞬間、

何かを”切り捨てながら”生きています。

日々日々、切り捨てながら生きている。

あなたが今、この僕の文章を読んでくれているとしたら・・・

それは、あなたが、他の事に時間を使うことを切り捨て、
この投稿を読むことを選び取ってくれたと言う事。

そう考えると、ハッキリ言って恐ろしくて、
投稿なんて出来なくなくなりそうでした。

でも、逆に、

”切り捨て合戦に勝利する事”が出来なければ、
それは僕の負けだと言うこと。

負けないために、選び取って貰えるように・・・・

これからも書いて行きたいと思います。

人には必ず”節目”があります。

それは好むと好まざるとに関わらず、必ずやってくる。

でもそれは、未来へと続く、一瞬一瞬のひとつ。

その積み重ねが、自分を作る。

そういう事だと思います。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。