■楽しい!腹立った!それだけですか?

人間は色んな事を感受します。

そしてその受け取り方は千差万別。

ひとりひとり、受け取り方が違うんですね。

例えば、飲み屋さんに行った場合。

「今日、すんごく楽しかったね~。この店、また来たいね~」

と感じたとしましょう。

あるいはその真逆。

「今日はなんか、テンション低かったね~。この店、2度と来るもんか!」

そんな日もあります。

で、大事な事。

そんな、色んな感情を、感受したら・・・

必ず、”検証”をして下さい。

”楽しかったな~、良い店だったな~”

と感じたら、必ず、

”何故、どうしてそう感じたのか?理由はなんだったんだっけ?”

そこを必ず突き詰めて下さい。

”腹が立った!この店、許せない!”

と感じたら、「もう行かない!」で終わらせないで、

”何故、どうして腹が立ったのか?”

そこを必ず考えてみて下さい。

必ず、”これだ”と言う理由と言うか、
根拠が見つかるまで、考えて下さい。

そこで見つかった解答の中には、

●良い店が良い店であるべき条件!

とか、

●嫌われる店が、知らず知らずやっちゃってること!

とかが、沢山、盛り込まれているハズです。

そしてそれは、

あなたのビジネスにも必ず活かせるポイントであり、ヒント

なんです!

僕は仕事柄、小さな会社とか、飲食店などの、

”接遇”とか”販売促進”

のアドヴァイスをする場合が多いですが、そんな時、頭の中に構築された、

”やるべき事&やってはいけないことデータベース”

が威力を発揮します。

簡単に言い切ってしまえば、実際に自分が体感し、実感した事を、

”そのまんま伝えるだけ”

で、指導とかアドヴァイスが出来てしまうんです。

人の感情は動きます。

で、そこには必ず、いくつもの具体的根拠がある。

それを自ら突き詰め、データベースにするのか、それとも、
ろくに考えることなく、スルーするのか?

それによって、雲と泥のような大きな違いが生まれます。

人は感情で動く生き物です。

でも、その事にあまりにも無頓着な人が多いように見受けられます。

もったいないと思います。

感じたら、少しでも気持ちが動いたら・・・・

必ず、決着をつける癖をつけて下さい。