■刺さって抜けない言葉!影響を与え続ける言葉!

今月、1月の21日、京都で話し方のセミナーをやります。

主催は仲良しの田井さん。

実に行動派で、思いついたらカタチにしないと気が済まない男。

まさにクリエーターの鏡です。

【セミナー、詳しくはここを】
http://tinyurl.com/azjg4e2

彼にも言われましたし、僕自身、ハッキリと自覚もしていますが、
僕は話し下手です。

話し方を学んだこともないし、上手になろうとも思わない。

でも、僕のセミナーとか講演では、多くの人が、色んなヒントを手に入れ、
実行に移し、成果を受け取っています。

なぜそうなのか?

それは、

“話す内容”
を徹底的に吟味し、

“伝わる言葉=キーワード”
に置き換えているからです。

僕の話の最重要ポイントは、

”ひとつひとつ、発する言葉のチカラ“

にあると思っています。

僕はムードを作るのが嫌いです。

ムード型の話をすると、何となく皆が流されてしまう。

分かった気になってしまう。

で、成果に繋がらないと言うことが往々にして起きる。

僕はそれがイヤなんです。

たった1つでいい。

1つだけでよいから、

“刺さる言葉”

ではなく、

“刺さって抜けない言葉”

を届けたい。

刺さったままで、いつも意識しないといけない言葉を届けたい。

それば僕の生き方で有り、言葉を発する際のポリシーです。