■読書の話。

本との出会いは人との出会い以上にシビアである。

僕は、本を読む場合、最初の5~10ページで勝負をつけるようにしている。

どう言う意味か?と言うと・・・・

最初の数ページを読んで、

・あ、何となくこの人の感覚とは合わないな?
とか、
・どうも、文章のテイストが合わないな?
とか、
・誤字脱字とか基本的なミスが多いな?

と感じたら、容赦なくその本は捨てるようにしている。

過去の経験では、そのまま読み進んで、
「やっぱり面白かった!」とか「捨てずに読んでよかった!」
と思ったケースは皆無。

だから容赦なく捨てて、次の本に向かうべきなのだ。