■微力ではあっても、「無力」ではない。

僕がなにかアドヴァイスをする。

成果が出る。

その成果が、仮に僕にとっては小さなモノであっても、
お相手にとっては一生を左右するような喜びだったりする。

そして感激のお返事が来る。

その瞬間が好きだ。大好きだ。

そんな時、素直にこう思う。

僕は、微力かも知れないけれど、でも決して無力では無いのだと。

そう、微力ではあっても、「無力」ではない。

この言葉が僕のエンジンだ。

仕事なんて、すべからくそんなものだと思っている。

結果として大きな事も、実は小さな小さな感激とか感動とか感謝とか・・・。

そんなもの達の集まりなのだと。

小さな事でも、誰かに喜んで貰える。

感激して貰える。

その喜びのために、僕は今日も言葉を、思考を紡ぐ。