■なぜ彼は、トンカツ屋でトンカツを食べないのか?

ある男がいます。

彼は、ひいきにしているとんかつ屋さんに行くと、必ず「ヒラメフライ」を食べます。

ある日、お店のご主人がこう聞いたそうです。

「なんでいつもヒラメフライなの?ここは とんかつが名物なんだから、
たまにはとんかつ食べてよ」。

でも彼は、「ヒラメフライ」を食べ続けます。

何故なら、お店の人に自分を印象づけたいからです。

営業と言う職業柄、先ずは覚えてもらう。

そのためには、「とんかつ屋」でトンカツを食べてはいけないのです。

それではみんなと同じ、埋没してしまうからです。

彼は、ラーメン屋さんでは「カレーライス」を頼み続けます。

コーヒー自慢の喫茶店では、紅茶を頼み続けます。

そうして、お店の人に「違和感」を印象付け、自分を覚えてもらうんです。

そうした行為の積み重ねが、飲食店からの契約に繋がり、結果、
日本一を何度も手に入れる力になったんですね。

彼の名前は小林一光。

営業の天才です。

とんかつ屋でとんかつ。

ラーメン屋でラーメン。

他の人と同じ事をやっていたのでは決して印象には残りません。

無難ですが「違和感」を起こせません。

肝心なのは、印象づけること。

彼のこんな超絶エピソードが続々と読める本はこれ。
”世界最高位のトップセールスマンが教える 営業でいちばん大切なこと”
http://tinyurl.com/boxo2k6

素晴らしい本です。

でね?
大事なのはここから。

このエピソードに接して、
「じゃ自分も、自分なりに印象づけの方法を考え、実行してみるか!」
と考える人、実に少ない。

「ここまでやらなくても・・・」
と言う考え方ならまだ理解出来るとして、、ひどい人は、
「トンカツは好きじゃ無いんだよね!」
と言う理由で、このエピソードをスルーする。

これでは話になりません。

あなたは今笑ったかもしれない。

そこまでひどくは無いよ!と思ったかも知れない。

でもね、そんな人実に多い。

トンカツが嫌いだからトンカツを使ったエピソードには見向きもしない。

そんな人ばかりです。

あなたはどうですか?

大事な事を、おかしな理由でスルーしてはいませんか?