■お金を粗末に扱わないで下さい。

先日もこのウラマガで書きましたが、本には値段があります。

仮に1500円の本が有るとしたら、その金額、
下手するとサラリーマン4日分の昼食代ですよ。

これ、読んだだけで終わりなんてひどすぎませんか?

本が泣いてますよ。

少なくとも僕、中山マコトはそんなつもりで本を書いてはいません。

一生懸命、あなたの具体的な役に立てて欲しくて書いています。

セミナーとか教材もそう。

もっともっと高額です。

でも、観て終わり、参加して終わり!

そんな人、多すぎます。

僕だって、セミナーのたんび、講演の都度、どうやったら役に立てるか?

それだけを考えて話しているつもりです。

あなたはどうですか?

支払った金額の分、ちゃんと元を取っていますか?

取り返していますか?