◆本当に大事な事だけを語り尽くしました。

あなたがコンパクトデジカメを買おうと店に行きました。
で、販売員に相談した・・・と。

するとその販売員は、画素数のことしか言いません。

画素数が多いと、質の良い素晴らしい作品が撮れますよ!と。

画素数が多いから上級のデジカメで、だから質の良い写真が撮れる・・。

いくら聞いても、あなたにはピンと来ません。

そりゃそうです。

そんなコンパクトデジカメを使って、作品を撮ろうなどとは思ってもいないからです。

で、あなたは別の店に行きます。

その店の販売員はまずこう訊いてきました。

「主に、どんな写真を撮られるのですか?」

あなたは、こう答えます。

「レストランの料理とか、自宅で猫ちゃんの写真かな?」

販売員はこう言います。

でしたら、この”ISO感度が12800”まである、明るいカメラがいいですね。
猫ちゃんも結構動き回るので、明るいカメラだと、多少は暗い室内でもブレずに撮れますよ!」

あなたはソッコーでそのカメラに決め、販売員は約30000円を売り上げる。

あなた自身も、レストランの料理とか猫の写真が上手に撮れ、大満足。

みんなが幸せになれるんです。

この最初の店の販売員を笑うことは簡単です。

でも実は、この販売員の様な間違いを犯しているケース、枚挙にいとまがありません。

肝心な事は、
”自分が知ってる事を語る!”とか”自分が言いたい事を言う”と言うのではなく、
”お客さんが知りたい事を察知し、それを分かりやすく解説してあげる事”です。

そしてその事を、カスタマーフォーカスとか、顧客目線と呼ぶんです。

これ・・・・とっても重要でしょ?