■結局、本質的な事から目をそらして、目先のテクニックばかりを追う人が、
うまくいった例は無いんだよ。

かなり前のセミナーで驚きのシーンに出くわしました。

その日のセミナーは僕の発案で、DVD撮影をしていました。

もちろん撮影隊は僕の親友、ザビエル加藤氏。

で、僕が講演中、話の流れで、
”今日は後ろでザビエルと言うヤツがビデオカメラを回しています!アイツです!”
みたいな事を言ったんですね、しかも彼を指さしながら・・。

でもね・・・・・
誰1人として振り返らないの。

約80人のオーディエンスのうち、本当に誰1人・・・。
これ、気味悪いです。

要は、講師の話す、
”おいしい話”
”すぐに使えそうなお手軽テクニック”
以外には一切興味・関心の無い参加者なんですね。

あ、彼らが稼げていない理由はこれだな!と分かりました。

要は、
”人間に興味が無く、興味があるのはお金だけ”
なんですね。

でね、その
”興味があるのはお金だけ!”
と言う内面は、外面とか雰囲気、佇まいとなって表に出ます。

これはもう、必ず・・・・出る。

だからその会場には、どことなくドヨ~~~~ンとした空気が漂い、溢れている。
まるで”結界”が張られている如く・・・。

僕も危うく、伝染(うつ)りそうになりましたもん。

事実、セミナー終了後の懇親会への移動、懇親会場での発言、振る舞い・・・
寒気がするほど・・・・・
貧乏くさい。

これではダメです。

これではお客さんに見抜かれてしまいます。

”あ、こいつ、私をお金としか見てないな!”ってね。

先ず、興味を持つべきはお金ではなく、お客さんです。
人間そのものです。

そこが本質です。

すべての判断は人間がするのだし、セールスマンへの判断も人間がする。

誰から買うか、誰を信じるか?の判断も、ぜ~~~~~~~んぶ、
人間がするんです。

人間の直観力を侮(あなど)ってはいけません。

彼らはすべてを感じ、すべてが見えています。
ここをなめて、成功した例は古今東西、ありません。

もう少し、人に興味を持とうよ!
お金じゃなく、札束でもなく、生身の人間に。

お金を運んでくるのも、剥奪するのも、生み出すのも燃やすのも・・・・
ぜんぶ、人間のなす事です。

結局、本質的な事から目をそらして、目先のテクニックばかりを追う人が、
うまくいった例は無いんです。