■あなたは何者ですか?

飲食店でもそうですが、“どんな店か?”がキチンと分かるのと、そうでないのとは、
雲泥の差が着いてしまいます。

単に“イタリアン”とだけ表示していたのでは何にも伝わらない。

ここら中にある、単なるイタリアンとしか見て貰えません。

仮に、商圏内の近所に、
“本格イタリアンに、少しだけ和風の楽しみを加える店”
とか、
“すべての材料に、誰が作ってくれたか?が明示されているイタリアン”
などと言う、メッセージが明快な店が出てきたとしましょう。

ね?勝てるわけがありません。

こうした一言、広告業界的には、“キャッチフレーズ”と呼びますが・・・
がしっかりしていると、何が起きるか?

そう、選ばれるんです。

キャッチフレーズとは、“選ばれるため”に必須で不可欠な、戦う武器なんです。

が、企業にしても個人にしても・・・

この選ばれる武器、選んで貰う指標である、
“キャッチフレーズ”を持たない場合が多すぎます。

簡単に言うと、“何者”だかがまったく分からない。

それではダメ!もったいなさ過ぎです。

商品はよい。
セールスマンも優秀。

なのに、成績とか成果が上がらないのは、この、
“選ばれる力”
が決定的に欠けているからだと言っても過言ではありません。