■最下点があるからこそ、反発できるんだよ。

かなり以前の事。

キリンビールの某支社長とお酒を飲んだときのこと。

当時、キリンビールは、アサヒスーパードライのパワーに、押されに押され・・・
青息吐息の状態でした。

僕は支社長に、
「大丈夫なんですか?」
と失礼な質問を投げかけました。

彼はこう言いました。
「キリンは王者です。
でもね、この王者、どん底まで落ちないと本気を出さないんだよ!
一度、一番下まで落ちてみたら、地力を出すから待ってて!」

で、それから数年。

キリンビールの叛撃が始まりました。

そして今があります。

「やっぱスゴイや!この会社!」
心からそう思います。

つい先日、キリンビールの新商品の広告を見ました。

そこにはこう書かれていました。

”キリンじゃなくちゃつくれないものを、もう一度つくろう。”

ジーンと来ました。

ボールは、落ちている途中には何にもできません。

ただひたすら重力に任せて落ち続けるだけ。

止まることも、スピードを変えることも、本当に何もできない。

でも、最下点である、地面についた瞬間、反発、叛撃を開始します。

一度、最低に落ちてみなければ発揮できない実力と言うのも、あるんでしょうね。

半端に足掻くより、一度、落ちるところまで落ちてみる。

それもまた生き方なのかもしれない。

そんな気がしました。

”キリンじゃなくちゃつくれないものを、もう一度つくろう。”

これ、すごい言葉です。

覚悟がほとばしっています。

これが、こういう言葉こそがその人の”本質”を表す言葉なんですよ。