■商品に対する愛情。

キャッチフレーズって、ある意味、つけるだけなら誰でも出来ます。

が、本当に商品とかサービスが動くキャッチフレーズってなかなか有りません。

でね、その大きな原因のひとつに、”愛情”って言うのがあると思うんです。

要は、自分の商品に対する”愛情”の量ですね。

どうも、シロートさんの考えるキャッチフレーズには、その、
”愛情”
が欠けている気がする。

もし、もしもですよ。

商品に命があって、言葉を話せるとしたら、怒るんじゃ無いか?
って思うキャッチフレーズが多い。

そこじゃないでしょ?言うべきところは?
って、商品が怒りそうなキャッチフレーズがほとんど。

もっともっと商品を愛して、「よく言ってくれた!」と喜ばれる・・・
そんなキャッチフレーズを考えないといけないと思うんですよ。

商品と対話して欲しいんですね。