■原点はひらがな。

僕は文章修行中に、いくつかのノウハウを試してみました。

その中のひとつが、“秘術!ひらがな返し!”です。

要は、文章を一旦、ぜんぶひらがなで書いてみる。

で、そこに適宜、漢字とかカタカナ、英語などを当てはめて行くんです。

すろと、あ~ら不思議。

無理に漢字を当てるよりも、ひらがなのままの方が分かりやすく感じたり、
カタカナで書くよりも趣を感じる瞬間があったり・・・

色んな発見がありました。

小難しい熟語とか難しい漢字を使いたがる向きもありますが、
伝えると言う観点からはそれは最悪。

自分の知識を披瀝してもロクな事はないんです。

まずは伝えきること。

そこを意識しましょう。