■すべては知らないこと前提で考えよう。

レベルの低い誤字脱字は論外として、
読んでいる人を不快にさせる要因が他にもあります。

筆頭は、専門用語の羅列でしょう。

自分が知ってる事は、他のみんなも知っている。

そう考える事こそ、傲慢であり、独善です。

文章はまず、相手が知らないこと前提で考えるべきです。
親切に親切を重ねて、親切すぎる事は無いんです。

その配慮こそが、文章術の核です。