■デリカシー、忘れてはいけません。

自分の子供が志望校に合格した!

その事を声高に、ブログやfacebookなどに書く人がいます。

ひとり、はしゃいでます。

自分の子供が、就職内定した!

それをはしゃぎながらブログやfacebookに書く人がいます。

そりゃね、あなたは嬉しいだろうよ。

でもね、
”志望校、ぜんぶに落ちちゃった人”
や、
”何十社と当たっても、未だに就職の目処が立たない人”
ってのも、いるわけです。

そして、ブログも、facebookも、
”そんな人も読んでる!”
んです。

よくそんなにはしゃげるよね?

自分だけよけりゃいいんだ!

他の人の痛みとか苦しみ、まったく考えてないんだよね?

それ、ハッキリ言ってみっともない。

自分都合のアホにしか見えません。

文章には、その人が持っている、
”本質的デリカシー”
が、ハッキリと現れてしまいます。

ぜんぶ・・・・見える。

ひとりが合格したら、必ず誰かひとりが落ちる。

ひとりが内定したら、落とされた人が必ずいます。

そこを考えなきゃ。

身内自慢、家族自慢はみっともないです。

そう思います。

そんな人には、
アールナイチンゲール博士の、この言葉を噛みしめて欲しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
価値ある事業は、ささやかな、人知れぬ出発、地道は労苦、
向上を目指す無言の、地道は苦闘といった風土のうちで、
真に発展し、開花する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・