定型を捨てよ!オリジナルを持て!

フリーランスにはオリジナリティが重要です。

何故なら個性的でなければ、他の誰でもよくなってしまう。

わざわざフリーランスを指名する意味がなくなってしまうからです。

その、他と同じ!の典型が”定型文“です。

時候のあいさつ、語り出す前の一言。

定型文が混じれば混じるだけ、オリジナリティは低下していきます。

企画書、報告書・・・
すべて同様。

どこかで見た。誰かから聞いた、何かで読んだ。

そんな定型を使っている以上、
あなたが本当に評価される事は決してありません。

だってそれはパクリであり、カンニングだからです。

とにかくオリジナルを意識すること。

稚拙でもよいからオリジナルを追求すること。

活路はそこからしか開けてはきません。

定型文を使うと、相手の心の中に、ある意識が芽生えます。

それは・・・「この人、誰にでも同じような対応をしているんだろうな?
自分も、この人に取ってはワンノブゼムでしk無いんだろうな?」
と言う意識です。

これが芽生えてしまうと、払拭はなかなか出来ず、
結果、遠ざかっていくだけになってしまいます。

オリジナルであること。

いつもそれを肝に銘じて、アウトプット、発信を続けて下さい。