名刺は作り方より渡し方。

フリーランスにとって、名刺の果たす役割はとても重いです。

(フリーで働く!と決めたら読む本。(日経出版)に詳しく書いています)

いくらよい名刺、目立つ特徴的な名刺を作っても、
渡し方を間違えては元の木阿弥です。

名刺だけが記憶に残り、
当人の事はまったく覚えていないと言うこともしょっちゅうです。

いかにして自分自身を印象づけるか?

その発想を忘れては、名刺に手間と金をかける意味が無くなります。
手渡す際に一言添える言葉。
渡す際の演出。
そう言った、ちょっとした事が、名刺の威力を倍増してくれるんです。

フリーランスは憶えてもらってナンボ。

名刺の工夫はしてし過ぎることはないんですよ。

それから、名刺交換をする際、
あまり名刺の話しばかりをしている場合じゃないですよね?

でも相手に自分を印象づけたい。

そんな場合は、30秒自己紹介を身につけましょう。

私の経験上、名刺交換の時の自己紹介は、30秒がMAX。

それ以上だと嫌がられます。

ポイントは、
・つかみ
・売り物
・自分と付き合ったときのメリット

この3つをコンパクトにまとめて話す事。

ぜひ実践してみて下さい。

名刺交換のあとのレスポンスが格段に上がりますよ。