本を書いてデビューしたいと言っているにも関わらず、原稿を書かずに、出版セミナーにばかり行ってる人。

セミナー講師デビューしたいと言ってるのに、他の人のセミナーにばかり参加してる人。

コーチングで生計を立てたいと言いながら、他人のコーチばかり受けてる人。

まだまだあるけど・・・・

みんなおかしい。

そもそも、その他力本願な姿勢で、
・人の気持ちを打つ本
とか、
・人の気持ちを動かすセミナー
とか、
・人を元気にするコーチング
が出来ると思いますか?

大事な事は、自分で勝手に足りないところを決めて、
あてなく、それを埋めようとするのでは無く、
今、自分が出来る、自分が持っているチカラを見極める事です。

本の原稿を、稚拙でも良いから書いてみる。

無料でいいから、人を集めてセミナー(もどき)をやってみる。

友人を捕まえてコーチング(のようなもの)をやってみる。

それをやることで、自分の足りないモノが初めて見える、自覚できる。

それから不足を埋めていけば良いんです。

足りないモノがハッキリと分からない状態で、
”何かを埋めようとバタバタ動き回る行為”
を、僕は”ムダ”と呼びます。

この無間地獄に陥ってる人を沢山見てきました。

W.H.オーデンはかつてこう言いました。
「みるまえに飛べ!」

まさにこの言葉を噛みしめるべきだと思います。