■僕が去って行った理由(わけ)。

昨日、3つの打ち合わせをしました。

最後の三つ目は気心の知れた方との時間だったので、
実に楽しく過ごせました。

で、最初の打ち合わせでお二人。

2つ目の打ち合わせでおひとりとお会いしました。

でね、帰宅後、最初の打ち合わせの方からのメールを読みました。

素晴らしいメール。

打ち合わせ内容の確認メールでもあるんですが、
”心から出会いを喜んでくれているメール”
でした。

あ、この人達となら面白い仕事が出来そう。

そう確信できるメールでした。

でも、二つ目の打ち合わせの方からのメールは、
まったくそうではありませんでした・

自分都合の売り込みメールに近い。

もちろん本人はそんなつもりは無いのでしょう。

でも、書かれている事は、自分の会社の紹介と、
「中山さまと何かを一緒にやりたい!」
と言う、茫漠とした言葉です。

ひとにモノを頼む。

ひとに提案をする。

そんな場合、先ず優先すべきは、
”自分は相手に対して何をするのか?」
です。

僕はその打ち合わせでこう言いました。

「もう仕事は増やしたくなんですよ!お金にも執着しないし!」

そしてこうも言いました。

「本当に、心動く仕事しかしません!」

でもね、そう言ったにも関わらず、こうした、
”自分都合メール”を送って来ちゃう。

悲しいよね?

もちろん悪気は無いのだと思う。

いつもと同じ事を、
誰にでもするのと同じ事をやってるだけなのだと思う。

でもね、相手はぜん~~んぶ別のひとりひとり。

それぞれ異なる感情を持った別の個体。

相手に応じてしっかりと書き分ける。

それが出来なきゃ伝わりませんよ。

ワンノブゼムだと感じさせたらお仕舞いですよ。

事実、この人は僕という、新たな一人を無くしました。

僕は事実上、そのメールで縁を切ってますからね。

でね、実はこれも文章術のひとつなんです。

基本の書き方を知らないからこうなる。

文書の書き方を知らないと言うのは実に怖いことですよ。