■2つのホームページ。

よく、色んな事を盛り込みすぎて、”何がなんだか分からないホームページ”
になっちゃってるケースを目にします。

やっぱり、アパレルのユニクロのホームページに、”野菜作ってます!”
と言うのが載ってたら、なんか気持ち悪いと思うのね。
(あの野菜事業、いつのまにか無くなりましたね)

がから無理矢理会わせるのでは無く、
やっぱり分けるモノは分けないといけない。

実は僕、ホームページを2つに分けています。

混ぜてはいけないものはキチンと分ける。

ここが重要です。

分けることで、それぞれの主張が明快になり、クッキリと見える。

企業向けホームページと個人向けホームページ。
【キキダスマーケティング:中山マコト】
http://www.kikidasu.jp/

【言葉のマエストロ:中山マコト公式ページ】
http://www.nakayama-makoto.com/

どんな観点で切り分けているのか?

見てみて、研究してみて下さい。

あなたもごちゃ混ぜにしないで、分解し、分けてみてはどうですか?