■今日は僕にとってのターニングポイント。

今日は僕にとってのターニングポイント。

過去のやり方を捨て、まったく新しいやり方に切り替える、
新たなスタートへの最後の一日。

明日からは、これまでとはまったく違う考え方で進みます。

”捨てる”と決めたら、代わりのやり方を見つけ、それを実行に移す。

それだけなのに、これがま~、なかなか難しい。

とは言っても、周囲の人から見たら何も変わっては見えないだろうな。

変化ってそんなもの。

つまり、人(他人)から見てすぐに分かるような露骨でビジブルな変化は、
あんまり質の良い変化では無く、単に”変更”と呼ぶ・・・と言う事なのだ。

変化の”化”は化ける。

ひっそりとこっそりと、知られる事無く、いつのまにか姿を変えている・・。

それが理想。

一番大変だったのは、もちろん、
”やり方を変える!”
と言う部分。

”ここが問題!”
と分かったのだから、とっとと変えちゃえばいいのに、これが意外と手こずった。

で、ある”閃(ひらめ)き”が起こるまで、焦らず、じっと待っていたんだけど、
ついに閃きが訪れてくれた。

この閃きは、過去に蓄積したものと、過去に磨いた発想法の賜(たまもの)なので、
ちゃんと時間を取って、熟成させないとダメ。

焦っても、正しい、納得のいくアウトプットには辿り着かない。

でも僕の場合は、”変える”と決めてからのスタートだったので、
待つことが出来、納得いくアウトプットを得る事が出来ました。

結構シンドかったけど、でも楽しくもあったな。