■全部と言ったら全部です。

僕はヒストリーカードという、はがき大のメッセージカードを提唱している。

名刺の代わりに使ってもよいし、チラシとかDMの代わりに使ってもよい。

上手に使えば劇的に環境を変えることが出来る、
大きな威力を持ったカードである。

つくりかたは僕の著書、
フリーで働く!と決めたら読む本。
にすべて書いてある。

で、先日、
「このヒストリーカードを沢山配ったんだけど、成果が出ていない!」
という人に会った。

で、僕はその人に訊いた。

「やるべきことは全部やりましたか?」と。

え?全部というのはどのことですか?
と相手。

僕が言う、「全部」と言うのは文字通り、
「全部」
である。

本に書いてある、やるべきこと、やった方がよいこと。

それを全部と言っているわけだ。

書いてあることの全部が大事だし、成果への不可欠要素である。

だから書いたわけだ。

勝手に取捨選択してはいけない。

だって考えても見て欲しい。

どれが必要で、どれが不必要か?など、
はっきり言ってシロートに判断できようはずがない。

だからこそ、素直に「全部」をやってみる。

成果云々は、それからの話だ。

成果を出している人は、まさに愚直に「全部」をやった人。

勝手に判断し、面倒なことははしょり、手間を厭う人に、
成功などやってくるはずもない。

まずは素直になること。

素直に「おこなうこと」。

そこから始めてはいかがだろうか?