■たった一行を変えるだけなのにね?

ホームページを持っている会社、人。
沢山あります。

でも、単に持ってるだけ、作っただけ・・・と言うのがほとんど。

全然と言って良い位、活かせていない。

で、その原因の多くは、
”ヘッドコピーの弱さ!”に起因します。

つまり、読んだ人が、
「お!これは自分の役に立ちそうだ!」
と感じるかどうか?

そこにかかっているんです。

そう、ヘッドコピーは、相手に、
「これは私のためのものだ!」
と感じさせるためのものです。

自分のためだ!と感じてくれなければ、間違いなく”先”を読んでは貰えない。

読んで貰えなければ、ビジネスになんか、なりません。

で、飲み会とかで僕は、時々、「ヘッドコピーを変えてみたら?」
というアドバイスをします。

興が乗ると、やってしまう事がある。

で、相手の方・・・
感激します。

「ぜひやってみます!」とか言う訳です。

で、しばらく経って、そのホームページを見に行くと・・・
変わってない。

そんなケース、しょっちゅうです。

一体、どうしたんだろうね?

たった一行、入れ替えるだけなんだけどね?

自分の、自分のビジネスの未来が可愛くなんだろうか?

僕には信じられない事ですが、そうなんでしょう。