■成功のパターン、知ってるのにどうして使わない?

企画書を書く機会のある方、必見です。

僕はある著書の中で、
”圧倒的に評価される企画のつくりかた”
について書いています。

他の誰も、こんなやり方はしないよな?と言う、企画書の流れをお教えしています。

これ、僕自身が実践し、コンペで約20連勝した、保証付きの手法です。

つい先日、ある、フリーのプランナーから連絡があり、
企画書を見て欲しいと言う事。

もちろん、仕事としてお引き受けし、喫茶店で会いました。

で、彼から見せられた企画書。

まったく僕のやり方になっていません。

まるで凡庸。

どこにでもありそうな流れ。

これでクライアントの気持ちを掴めるワケが無い!

そう感じる内容でした。

でもその彼・・・

僕とアポイントを取るとき、こう言っていたんですよ。

「中山さんの”フリーで働く!と決めたら読む本”を読んで、
感銘を受けました!」って。

でね、その企画の書き方・・・

”フリーで働く!と決めたら読む本。”に書いてあります。

でも、それをまったく無視して、僕が一番嫌いな、
誰でもが書けるような企画書を書いてる。

あり得ないです。

結局、全面的に書き直して貰い、彼はコンペに勝利しました。

だって勝てるようになってるんですよ。

真似して、勝ってもらう、そのために僕は、あの原稿を書いたんだから・・・。

なんでちゃんと読んで、活かそうとしないのかな?

こうやればうまく行くってちゃんと書いてあるのに・・・。

でもね、そういう人、多いです。

信じられないけれど・・・でも多い。