■本を出すことと”企画書を書くこと”は別次元のハナシです。

出版記念パーティなどに顔を出すと、
”本を書いてデビューしたい!”
という人が多いことに驚かされます。

僕も、「どうしたら著者デビューできますか?」と言う質問を受けます。

で僕がする返事。

「原稿を見せて下さい!」です。

でも、そう言う人に限って、原稿すら書いていない。

企画書の作り方ばかりを求めている。

それではハナシになりません。

もちろん、企画書を書く力とかPR力も必要です。

でもそれも原稿が有ってのこと。

著者の実力は原稿でしか示せません。

いくら企画書が素晴らしかろうと、
原稿が良くなければ絶対に世には出ないんです。

つまり、”原稿を書く力と目に留まらせる力”
の両方が兼ね備わっていないとダメだと言うことです。

この二つは金メダルの両面。

切り離せないんです。

これはなにも出版デビューについてだけのことではありません。

あなたが仮に講師として見事な能力を持っていようと、
それを具体的に評価してもらい、その能力を発揮する場が無ければ、
それは、
”絵に描いたもち”
でしかありません。

教え、育てる能力と、その能力を伝える力。

これはいつもセットです。

切り離すことはできません。

大事なことはその両方を磨くこと。

知ってもらい、見てもらい、評価してもらってこその能力です。