さて、今回は、猿に話しかけると言うテーマで話します。

あなたは猿、そうあの動物園にいる猿です、
に一生懸命話しかけたことがありますか?

無いですよね?普通。

いや、無いと思ってる。

でもね、それ、実はやってる人、結構多いです。

もちろん、この場合の”猿”と言うのは比喩、例え話です。

つまり、猿と言うのは”言葉の通じない相手”。

あなたが一生懸命話すことに対し、その意味も理解出来なければ、
言葉も分からない。

いや、それどころか聞こうとも、見ようともしていない相手の事です。

例えば広告。

いくらお金をかけて制作しようと、ピンと来ないものはこない。
そのピンと来ていない相手に、言い回しを変えて何度語っても、
それは永遠に届かない、カラ回りゲームでしかありません。

つまりは、使ったスタミナ、費用、時間・・・・。
すべて無駄。

どぶに捨てるのと同じ事です。

この、”実はドブに捨てる行為”をやってる人や会社、店・・・・
実に多いです。

ターゲット・・・・

つまり伝えるべき相手を間違えていては、どんな苦労も水の泡です。

言語が違うし、暮らし向きが違う。

闇夜でカラスに話しかけても、相手は”自分に言われてる”とは思わない。

この場合、言い回しをいくら変えても無駄です。

大事なのは、”相手を変える”こと。

猿やカラスではなく、言語の分かる”人”を相手にするべきです。

しかも、日本語で語るなら、日本語が分かる相手で無いといけない。
しかもその相手が理解出来る言葉。

物理学をまったく知らない相手に、
物理の専門用語をいくら語っても意味が無い。

そういう事です。

僕はこの、”猿に一生懸命語る”と言う場面を沢山見てきました。

そして通じないからと言って、ますますお金を投じ、
無駄なコミュニケーションを重ねている人も沢山見てきました。

そんな間違いをしないためにも・・・・
新たな学びが必要かもしれませんね。

これから本格的な年末に向かいます。
年末には頑張って、来年への目処をつけよう。
年末にこそ、新しい展開を実現しよう。
来年の年明けに向けて、キチンと準備をしよう。