今回の突貫ツアーの中でお話しした方達。

異口同音に口にするのが、
”●●できるⅠ行が欲しい!”
と言うこと。

それは自分の強みを表す言葉であったり、
ライバルとの違いを表す言葉であったり、はたまた、
名刺交換の際に一瞬でお客さんを作る言葉であったり・・・・

ま、とにかく。

Ⅰ行のチカラを信じてくれている。

それは確かなことでした。

でも、そのⅠ行は、神様がくれるわけではありません。

考えに考え、敷衍し、そして絞り・・・
これを正しい手順で、間違いの無い考え方でやりきったとき、
その時だけ、気づけばそこにあるもの。

僕はそう思っています。

でも、あまりにも考えていない人が多い。

考えている”つもり”なのでしょうが、浅すぎる。

それでは深い海にいる、上等な魚は釣れませんよね。

さて、あなたはどうですか?
思い当たる点、ありませんか?